トップページ >1巻 ROMANCE DAWN -冒険の夜明け-> 第7話 〝友達〟

第7話 〝友達〟

ワンピース、第7話 〝友達〟のストーリーのあらすじは、
海軍大佐、斧手のモーガンを倒したルフィとゾロですが、
モーガン大佐を倒すと、海兵たちはルフィたちに向かってくるどころか、

諸手をあげて喜び始めたのでした。

つまり、海兵たちも、単にモーガンが怖くて従っていただけだったのです。


戦い終わって、ルフィとゾロ、そしてコビーは、
あの少女リカの家で食事をご馳走してもらっていました。

これからグランドラインへ向かおうとするルフィとゾロに、
まだ二人しかいないのに、それは無謀だとコビーが心配します。

そんなコビーに、ゾロは、
コビーは別に行くわけではないから関係ないだろうということを言いますが、

コビーは友達として心配だというのです。

そのコビーの言葉に、ルフィも、付き合いは短かったし、
海兵を目指すコビーとはここで別れてしまいますが、


ずっと友達だと答えるのでした。


金棒のアルビダの船で雑用係をさせられていても、
度胸がなくて逃げ出すことも出来なかったコビーですが、
ルフィやゾロの生き方を見て、


「自分の信念に生きる事」を学んだようです。


ところが、ルフィたちが三人で、そんな話をしていると、
リカの家に海兵たちが訪ねてきたのです。

そして、ルフィたちに海賊なのかどうかを聞くと、
ルフィは、仲間も一人できたことだし、
今から海賊だということにすると言います。


つまり、今から海賊なわけですから、
今までコビーと一緒でも、コビーは海賊といたわけではなく、
コビーと一緒だった男が今から海賊になろうとしているわけで、
そこまでルフィはコビーを気遣ったのでした。


ルフィの答えに、海兵は、
海軍基地と町を救ってくれたことには感謝すると言いつつも、
海賊である以上は、海兵として放置できないため、
すぐにこの町を立ち去るようにと命じるのでした。

海兵のこの言葉には、町の人達も怒り出しますが、
ルフィは、素直に従うことにして、ゾロと二人で立ち去ろうとします。


そこで、海兵の目は当然コビーへと向かいます。
コビーも仲間ではないのかと。

しかし、そこでルフィが一芝居をして、
ルフィとコビーが仲間ではないことを海兵たちに示したのでした。


こうして、ルフィたちは町を出て行くことになったのですが、
ルフィたちが去った後、コビーは自分を海軍に入れて欲しいと頼みます。

コビーの申し出を反対する海兵もいましたが、


「ぼくは、海軍将校になる男です!」


と意気込みを語るコビーの心意気を汲んだ海軍中佐が、
コビーの海軍への入隊を許可するのでした。


そして、町から去ろうと港から船出をするルフィとゾロのところに、
コビーがやってきます。
そして、ルフィたちに感謝の言葉を言って敬礼をするのでした。

ルフィも、コビーと「また会おう」と再会を願って別れるのですが、
その後、コビーの背後で、


ルフィたちを追い出した海兵たちが全員でルフィとゾロの船出を見送りながら、
二人に向かって敬礼をするのでした。


こうして、ルフィとゾロは船出をして、コビーは海兵になったのですが、
このとき、ルフィとゾロは重大なミスを犯していることに、
まだ気づいていないのでした。

ここまでが、ワンピース、
第7話 〝友達〟のストーリーのあらすじです。


スポンサードリンク