トップページ >1巻 ROMANCE DAWN -冒険の夜明け-> 第6話 〝1人目〟

第6話 〝1人目〟

ワンピース、第6話 〝1人目〟のストーリーのあらすじは、
ゾロが仲間になると言う言葉を聞いて喜ぶルフィですが、
ルフィに銃弾がきかないことがわかった海軍は、

刀で一斉にルフィに襲い掛かります。

ギリギリのところでゾロに刀が渡って、ゾロが自分で縄を切り、
襲い掛かる海兵たちの刃を三刀流で一人で受け止めます。

そして、海兵たちの刀を受け止めたまま余裕でルフィと会話をするのですが、
ゾロが語ったのは、自分の野望でした。


それは、世界一の剣豪になることです。


ですから、ルフィのためにその野望を断念するようなことがあったら、
そのときは、ルフィに腹を切って詫びろと言うのですが、
ルフィもルフィで、


海賊王の仲間なら、世界一の剣豪くらいになってもらわないと困る


と言い返すのでした。

二人にとっての大切な話が終わり、息が合った二人は、
絶妙の連携で、一気に海兵たちを倒してしまいます。


さらには、モーガンのあまりの横暴さに怒ったルフィは、
モーガンへと挑んでいきますが、あの斧手のモーガンをルフィが圧倒します。

海兵たちも驚くほどにルフィは強く、
モーガン大佐を一方的に攻め立てていきます。ルフィの圧勝です。

ところが、モーガンのピンチと思ったヘルメッポが、
コビーを人質にしてルフィを止めようとしますが、
コビーも覚悟が出来ていますから、

「ルフィさんの邪魔をしたくありません。死んでも!」

と、以前とは別人のような言葉を言うのでした。
そうなれば、後は、またしてもルフィとゾロの絶妙な連携で、

モーガン大佐とヘルメッポを倒してしまうのでした。
もちろん、コビーも無事です。

ここまでが、ワンピース、
第6話 〝1人目〟のストーリーのあらすじです。



スポンサードリンク